美濃出身の茶人、古田織部が好んだことからこの名で呼ばれています。17世紀初頭に美濃の連房式登窯で生産されました。器のかたちや文様、色調の多彩さが特徴で、現代では前衛的な作品もつくられています。
 
16世紀末から17世紀初頭にかけて大窯で生産され、桃山時代の茶人が好んで使用しました。植物の灰を原料とする灰釉を施し、淡い黄褐色に焼き上がります。形や文様に独特の優しさがあります。
 
黄瀬戸とほぼ同時代に大窯で生産されました。特徴的な漆黒の肌を持ち、素朴ながら気品に満ちた器です。茶人、千利休が好んだと言われています。
 
黄瀬戸、瀬戸黒より誕生は後になります。はじめて筆による絵付けがなされた焼き物です。厚く施した長石釉が乳白色の肌合いをつくり、所々に火色が浮き出ているのが特徴で、美濃桃山陶の華と謳われました。
 
安土桃山時代から江戸時代に初頭にかけて華開いた桃山文化は数多くの優れた美術工芸品を生みました。美濃桃山陶もそのひとつです。当時流行した茶の湯の指導的立場にいた千利休や古田織部などの茶匠によって確立された世界は、茶陶の世界にも反映されました。
美濃の地では黄瀬戸、志野、織部などの優れた茶陶が生産され、これらは京都、大阪、堺などの大都市で流行しました。その流れに応えて美濃では量産化のために唐津から連房式(れんぼうしき)登窯の技術導入をしたと伝えられています。
19世紀初頭、有田から約200年遅れて美濃でも磁器の製産が開始されました。従来の手描きや型紙を用いた絵付けを残す一方で、優れた製品の量産化のため機械化も推進されました。また、和食器に加え、薄手のコーヒーカップに代表されるような洋食器の生産にも力を注ぎ、海外への輸出も盛んに行われ、その結果、ふたたび陶磁器生産地日本一に帰り咲きました。
現在、「美濃焼」は味わい深い陶器から、和・洋・中華食器、酒器、置物、ニューセラミック製品に至るまで、幅広い陶磁器製品になっています。多治見市、土岐市、瑞浪市を中心にした地域で全国の約6割のシェアを占めています。
厚みがあり暖かみのある
素朴な風合い
吸水性のある粘土質の素土に釉薬を施し、磁器よりも低い1100〜1200度で焼かれたもの。 不透光性で、手づくりの良さが出やすく、ぬくもりのある器。素焼きした後、下絵付け、 施釉、本焼きで完成。志野、織部、益子、笠間、相馬、薩摩、唐津、荻焼など全国いたる ところで焼かれ、それぞれ特徴ある手法で作られています。箸でたたくと鈍い音がします。
焼き物の中で
最も優れた性質を持つ
土ものと呼ばれる陶器に対して、こちらは石ものと言われます。原料は、石の粉に粘土などを 混ぜた陶石。素土が白く、吸水性がなく、光にかざすと透ける焼き物で、1300度前後 の高温で 焼かれたもの。給水性がない上釉薬をかけているので、永く使っても汚れや臭いがつきにくく、薄手ですが陶器より軽くて耐久性もあるため、日常の器に最適。 美濃焼、有田焼、瀬戸焼、九谷焼、清水焼、砥部焼などがあります。箸でたたくと金属音がします。